「そよ風」管理人のプロフィールにようこそ


カウンタ〜


プロフィールと言っても、ネット上ですので、趣味を中心に紹介させて頂きます。

呼称:ネット上では、「にょろ」・「にょろにょろ」・「鞍猫」などと称しております。

主な生息区域:関東地方ときどき北海道まで遠征することもある。

趣味:乗馬・スキー・サイクリング・デイキャンプ

 (最近は、乗馬がメインで、他の項目は、下火です)


乗馬のシ〜ン

馬に乗って、海岸線を駆歩すると言うのは、楽しいものです。 どこまでも、どこまでも、馬と一緒に走り続けたいと思うショットです。


月山のカンバンをバックのスキ〜姿

スキーに夢中になっていた頃、私のスキーは、正月の八方尾根(長野県)で始まり、月山(山形県)で終わっていました。その間は、日帰りが出来る群馬県内のスキー場が、ホームグランドでした。月山に行くとこの看板で、その年の雪の量を判断していました。

 

雪渓を降りている姿

月山は、湯殿山・羽黒山とならぶ信仰の山で、頂上付近には、神社があります。これは、その神社の裏手の雪渓をフィギアスキーで滑走しているとこです。短いスキー板は、何種類かあります。フィギアスキーも、その中の一つです。特徴は、長さが、85cmほどで、テールが、ちょっと上がっていて、バック走行や回転が楽しめます。

 

知床峠のカンバンをバックにした記念撮影

友人に誘われるままに行った自転車での北海道旅行です。平均して、1日当たり100Kmは、走破しました。北海道の良い道とロードレーサと言う自転車が、それを可能にしました。この写真は、知床峠に登った記念の1枚です。高低差が有り、なんども、ペダルから足を外し、地に足を着きましたが、それでも、登り終えた時のすがすがしさや達成感は、今でも、忘れられません。時として、苦しい思いをした時も、あの峠を登り終えた苦労に比べればと励みになることもあります。

 

知床峠を下っているシ〜ン

登った峠を一気に下るのは、爽快でした。それは、自分の力で、峠に登った人だけが感じ得るものだと考えます。

 


トップペ〜ジに戻る