北海道帯広 乗馬の旅[第2日目]


 第2日目 ホテルで朝を迎えた私は、早々にホテルで、朝食を取り、安永ファームに向けて出発する。途中、コンビニにて、昼食を買い置きする。 

 9時前に安永ファームに到着、速やかに乗馬の用意を整えた後、馬房に馬を訪ね。馬に挨拶した後、お昼をどうするか確認、一度、お昼は、安永ファームに戻ると言うことだったので、コンビニのお弁当は、騎乗時に持たないことにした。

 9時過ぎ、馬を引き馬してきてくれて、馬装をしてくれる。その間、馬をなでなでする。はじめ、小柄な方の馬に乗るのかと思っていたら、大柄な馬の方になりました。 

 私が、騎乗した馬は、ベガと言う名でした。騎乗後、ベガは、どんどん歩きはじめました。脚で圧迫すると進むように調教してあると言うことなので、脚を浮かしてみましたが、どんどん推進します。この馬は、人が、乗っていると進むように覚えているのかなと思いつつ、出発しました。出てしばらくは、舗装路の上で常歩で行きました。その後、砂利引きの道に入り、走りましょうと言うことで、速歩にしたのですが、、、誘導馬は、速歩なのに歩度が良く伸びる。後に追従するベガは、駆歩になってしまいました。速歩・駆歩とも、ベガは、反動が少なく乗り心地が良い馬でした。その後、常歩ベースで、お馬と一緒に散策するように回りの景色を楽しみながら、進みました。人も、辺りをきょろきょろと見ているためでしょうか。馬も辺りを見渡しています。道中、川を渡るところが、ありました。えぇ〜っと馬で、川を渡らすときは、手綱を緩めて、馬が、川底の様子を見ながら、渡れるようにすれば、よかったんだっけ、、、などと頭の中で、仕入れていた予備知

識を思いだし、川を渡りました。途中、ベガが、水を飲むような仕草をしたので、途中で、わがままをさせては、いけないと思い、手綱で顔を上げさせて、脚で推進し、岸に上がりました。でも、後で聞いたら、水を飲みたがった時は、飲ませても良いそうでした。でも、前足で、水をパシャパシャしたら、水浴びをする危険サインだったようななどと予備知識を余分な事を思い出していました。 

 道中、鉄の馬(バイク)と擦れ違う場面が有ったのですが、ベガは、物珍しいそうに鉄の馬(バイク)を見ながら、遠巻きにして擦れ違っていました。後、踏切近くで、電車が来たときも、ちょっと驚いた仕草をしました。常歩で進みながら、話をし、聞いたところでは、ベガは、中間種だけど、ご先祖(ひいじいさん)にサラがいて、軽種の血が、ちょっと混じっているとのことでした。程良い用心深さを持った馬なら、飛越に良いかななどとも、考えたりします。

 外乗コースの折り返し地点で、折り返した後、途中、下馬して、人馬ともに休憩を取りました。休憩中、近くの雑草を手で、取ってベガにあげたら、むしゃむしゃと食べていました。休憩も終わり、出発しようとした時、すぐ横に線路が有り、単線の上下線入れ換えを行うところで、電車がきましたが、徐行していたためか、さほど、驚きませんでした。 

 帰路では、川渡りを逆にするのですが、下り口に段差があるので、注意するように言われたので、私は、飛越の着地よろしく、手綱を譲り体を起こして、川に降りるようにしたら、ベガは、慣れた足取りで、川を渡ってくれました。

 午前中は、通り雨が、ぱらついたりしましたが、なにごともなく。約15kmほどの距離を外乗し、安永ファームに戻りました。 


 休憩+お昼を取った後、午後の出発になりました。

 騎乗する馬は、同じくベガ。午後は、午前中とは異なるコースを行きました。ともかく、景色が良いです。景色を楽しむなら、常歩が、一番良いですね。駆歩だと回りの景色を見ている余裕がなくなりますから、、、午後のコースでのイベントは、トラクターとの擦れ違いの時に起こりました。ほぼ帰路に着き、大きな馬(馬の種類、聞いたのですが忘れました)を飼っている農家の横を通った後、道に大きなトラクターが有ったのですが、その真横を通過しようとした時、ベガは、嫌がり、土手を1歩ほど、降りてしまいました。まずいと思った私は、誘導馬の方に頭を向け、推進して、土手を登りました。後で、言われたのですが、あの場合、誘導馬の後ろについて、動かせば、土手を降りずに済んだだろうと言うことでした。外乗に行くと何か、新しい経験をします。^^;;

 安永ファームが見え初めた頃、急に風が強くなり、近くに有った肥料入れらしきビニール袋が、風に飛ばされ、目の前20〜30mくらいのところを通過しました。一瞬、いつのもサラで経験するように馬が暴れると思い、緊張しましたが、馬の方は、何事もなかったように無反応でした。^^;; 

 午後のコースは、道中休憩無しで、約10kmほどの行程のため、1時間半ほどで、出発点に戻る形になりました。私の「短いですね」と言う発言で、覆馬場の中で、乗せてくれることになったので、到着後、一休みしてから、誘導馬として使役をしたビーコンに乗せて貰いました。 

 騎乗した馬の数が増えたので、ラッキー状態でした。 (^o^)v


 乗る前にビーコンは、やわらかいと言うおことわりを頂いたのですが、言われた通り、脚で推進した時、馬に溜まらないで、どこかに逃げる印象を受けました。駆歩発進の扶助には、敏感に反応してくれず、外方脚でのキックをすると出やすいとも言われましたが、速歩でどんどん推進し、速度を上げて行き、歩様が自然に駆歩になるようにしたら、素直に出ました。一度、駆歩を出すと素直に推進や誘導に従い、反動も少なく。心地好い乗り心地でした。止めないと止まりそうもないほど、素直に走っていたので、3周ほどで、歩度を落としました。小柄で、かわいい馬でした。

 ベガにも乗りなおしましたが、ベガは、後退が苦手なようで、後退の扶助に対し、初めの1〜2回は、一歩ほどしか下がらず、3〜4回目にして、2歩ほど、下がりました。やりすぎると良くないと言うことで、5回ぐらいで、後退のトライは、やめました。不思議に思えたのは、外乗では、自然に駆歩が出たのに覆馬場では、すなおに駆歩が出ないことでした。外乗仕様の馬なのかな。

 乗り終えた後、覆馬場で乗っている方が、外乗で乗っている時より、リラックスしていると言われました。自分では、同じ様にしているつもりなのですが、、、精神的な物かと思います。外乗で軽種に乗って恐い思いをした記憶が、無意識の中で、緊張を生むのかもしれません。馬場の中なら、はねようが、疾走しようが、なんとか出来る自信は、あるけど、外乗の一本道だと巻いて歩度を落とすなんて出来ませんしね。^^;;;;;;

 やはり、外乗は、中間種が良いのかもしれません。

前頁移動 −2頁− 次頁移動


索引に戻るトップペ〜ジに戻る