北海道帯広 乗馬の旅[第1日目]


 第1日目早朝 都内の家を出発。朝方は、電車の本数が少ないことから、少々早めに出る。そのため、羽田空港には、6時半ごろには、着いてしまう、手続きを済ませ搭乗待合室行き、サンドイッチなどで、朝食をすませる。7時35分羽田発の飛行機は、搭乗予定者の遅れで、予定より、少し遅れて羽田を離陸する。私にとって4度目の北海道である。9時ちょっと過ぎ、飛行機は、予定より早く帯広空港に着陸する。毎度、飛行機は、乗っている時間より、その前後での時間が長いと感じる。自分の荷物を受け取ると早々にレンタカー会社の空港内窓口に行く。手続きや説明を受け、レンタカーのキーを受取り、レンタカーの置いて有る駐車場に向かう。 

 私にとって、レンタカーに乗るのは、初めての経験であった。普段、自分の自動車を運転しているので、自動車が変わると初め、戸惑う。エンジンを始動し、スイッチ類の確認を終えた後、そろそろと自動車を駐車場から一般道にだした。地図で、だいたいの道を確認して置いたので、はじめに国道236号線を目指して、進む。国道236号線らしき道に出たら、左に曲がる。55号線をつかって、帯広市内に入らず、清水町に向かうコースを取る。途中、八千代育成牧場の案内の看板がある。八千代育成牧場の方角に清水町があることを確認し、看板で、右に曲がる。道なりに進んでいると55号線の標識が有り、一応迷子になっていないことを確認する。 

 55号線沿いに目的地に向かって自動車を走らしていると途中、地図に無いはずの郵便局が有り、戸惑う。すぐとなりに交番が、有ったので道を訪ねると私が、左折の目標としていた郵便局とは、別の郵便局であることが、判明した。

 やがて、38号線に入り、十勝ステイブルを目指す。38号線の上を道東自動車道が、高架で交差しているところを過ぎてから、あらかじめ送付して貰った地図で、確認しながら、38号線の裏道に入る。地図を頼りに道を進めるとやがて、安永ファームの看板を見つけ、自動車を止める。近くまでは、簡単に行けますが、38号線から、ちょっと奥まったところに有るのと近くにも同じような牧場があるので、行く人は、あらかじめ地図を送って貰っておくことをお勧めします。 

 安永さんにご挨拶し、施設などを一通り案内してもらった後、近くで、食事出来るところを教えてもらう。しばらく、施設内を見て歩き、放牧場内の馬の親子を見た後、教えてもらったところ、COUNTRY LIFE に行って昼食を取ることにする。メニューを見ると清水牛と輸入牛が選べるようになっている。面白いなと思いながら、清水牛を指定して、注文する。昼食の間、今日の午後、この騎乗予定無しの時間をどうしようかとガイドブックを開いて、考える。 

 昼食の後、とりあえず、狩勝峠に行って風景でも楽しもうと思い、自動車を走らせる。途中、乗馬の看板が目に入り、看板の導くままに車を38号線から脇道に進める。ちょっと登った小高い丘の上にレストランを発見。横には、ポニーが1頭いて、さらに奥の柵の向こうには、4頭ほどの馬がいた。看板を見ると Village 432と書かれていた。名前を見てから、乗馬する場所を物色中に一応のチェックを入れた所だったことに気付く。下車して、馬を

見に行くと馬にあげる餌を無人販売していた。一袋買って、馬たちにひと握りずつあげる。馬は、どこに行っても可愛いものです。(^o^)v 

 Village 432を後にし、38号線に自動車を戻した後、狩勝峠に向かって自動車を走らせる。今度は、Western Village Sahoro の看板が、目に入ったので、立ち寄る事にする。寝台車を使った宿泊施設やクラブハウスがある場所の前に有る駐車場に車を止め、辺りを見渡すが、人影も、馬影も見あたらなかった。予約客がいないためか、ひっそりとしていた。たぶん、これからのハイシーズンには、観光客で混むのかもしれないが、5月上旬は、静かなようだ。ガイドブックによれば、サホロ城と言うのが、近くにあるはずなので、少し車を走らせ近くを探索して見るとなぜか、馬の放牧場を発見。人影を見つけて、馬の方が、凄い勢いで近付いて来たので、こっちが、驚いてしまった。餌でも、やりに来た人と勘違いしたのだろうか。馬に期待させてしまって、悪いことをしたと思いつつ、その場を後にする。

 なんだかんだで、狩勝峠に到着するが、、、、雨は降るし、風は強いし、視界は悪いしと言う状態で、景色を楽しめる状況では、なかった。早々に引き帰し、今度は、鹿追町ライディンパークを見学することにして、車を走らす。方向音痴名な私は、地図と標識を頼りに進む。途中、大草原の小さな家の看板を発見する。引き馬をするところは、あるが、引き馬は、していなかった。やはり、ローシーズンなのだろうか。アイスクリーム店は、開いていたので、アイスクリームを買って食べる。外は、寒いので、自動車の中で、食べた。^^;

 アイスクリームを食べ終わってから、車を走らせることしばし、鹿追町ライディンパークに到着。ふと見れば、引き馬をしている。事務所に入り、パフレットなどをチェックしていると・・・ありゃりゃ、乗馬教室が、”現在中止”状態になっている。引き馬と自馬の人しか、馬に乗れない状況にあるようで、パンフレットに記載されている”道東随一の設備”が、鳴いているように思えた。馬や設備は、充実しているように見えるので、何が原因なのか知ることは、出来ないが、ライディンパークと言う名に反し、パークゴルフやゲートボールの方が、賑わっているように思えた。 

 鹿追町ライディンパークを後にして、安永ファームに一度戻り、翌日の外乗開始時間を打ち合わせた後、帯広駅近くのホテルに向かい移動し、ホテルに泊まる。 

1頁− 次頁移動


索引に戻るトップペ〜ジに戻る